気のむくままに

   

沙羅双樹(夏椿)

夏椿・

朝もやの中に 
露に濡れて
白く白く咲いた 
沙羅双樹の花
夕べには露と
消えていく・・・

* 花にちなんで!祇園精舎(現代語訳)
祇園精舎の鐘の音には、万物は変転し、同じ状態でとどまることはないという
響きがある。(釈尊入滅の時に色を変えた)沙羅双樹の花の色は、盛んな者も
必ず衰えるという。この世の道理を示している。栄耀栄華におごる者も、それを
長く維持できるもではない。ただ春の夜に見る夢のようである。勢い盛んなものも、
ついには滅びてしまうというのは、まさに風の前にある塵のようなものである。

* My HP

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2014/06/24(火) 14:45:24|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひまわり | ホーム | フクシア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gate201.blog73.fc2.com/tb.php/415-cb037e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ufo

Author:ufo
趣味 : きり絵、花の写真、水墨画

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する